電気脱毛(でんきだつもう)

電気脱毛(針脱毛・ニードル脱毛)と呼ばれる脱毛方法は、様々な脱毛方法の中で永久的な効果が最も高く、個々の毛質や肌質等にも広く対応できる方法と言われています。

細い針を一つ一つの毛穴に差しこみ、その針に弱電気や高周波を流すことで毛乳頭を破壊する方法です。
レーザー脱毛や光脱毛(フラッシュ脱毛)がやわらかい毛(産毛)や細い毛、色素の薄い毛に反応しづらく除去しづらいのに対し、電気脱毛は毛穴の一つ一つの毛乳頭に働きかけるため、それの除去が可能となります。

また、レーザー脱毛や光脱毛は日焼けしている箇所には施術できない場合がありますが、電気脱毛は日焼け箇所にも施術が可能です(※施術者と要相談)。

施術前に自己処理の必要もなく、長い毛でも施術可能です。
確実に毛乳頭を破壊していくにあたり、針を刺し電流を流す際にそれなりの痛みを伴いますが、永久脱毛としての効果が様々な脱毛の種類の中でも大変高く、何度も通う必要がない点は大きなメリットです!

痛みが苦手な方は麻酔を使って痛みを和らげてくれる医療機関もあるので、施術機関を選択する際に選択基準にするのもオススメです。
また、医療機関で施術を受けることにより、施術後の肌トラブルやアフターケアも医師に相談しやすいので安心です。

強力な効果によって全身のあらゆる毛を半永久的に除去できるというメリットがある電気脱毛ですが、変わりにちくちくした痛み、場合によっては激痛を感じたり施術するのにかなり高額な費用がかかるというデメリットがあります。

ですが、痛みの部分については技術の進歩が目まぐるしいため、痛みをより抑えられるようになってきていますので、全体的、総合的に見ててみればかかる費用もそれほど気にならないという人もいるかもしれません。

仮に今現在、全身脱毛を検討しているという人がいれば、レーザー脱毛や光脱毛の行えない脇やそういった部分、日ごろのお手入れが面倒でも確実に脱毛したい部分については電気脱毛を行えるところがメリットの一つです。

そして、他の部分には光脱毛やレーザー脱毛を合わせて併用することが基本的には勧められています。

また、初心者の方が痛みの強いといわれる電気脱毛に最初から挑戦することはかなりハードルが高いことだと認識しておきましょう。

それなら、光脱毛やレーザー脱毛から挑戦した後に、気になる程度に毛が生えてきた箇所や、脇などの一部分にのみ電気脱毛にトライしてみると良いでしょう。

かかる負担や費用が心配という方は事前にエステで質問をし、解決・納得してから施術をするようにすると失敗する確率は減ります。

日本では日本脱毛技術研究学会などのサイトで電気脱毛が行えるエステサロンを調べることができます。

エステサロンによってはしつこく勧誘してくるところもぜんぜんありますので、事前に口コミや知人・友人などの評判を調べて、自分が最も信頼できるサロンに行くようにするとよいでしょう。

一覧ページに戻る

禁止・注意事項

  • 当店は風俗店では御座いません。
  • セラピストへのタッチ、暴言や脅迫、その他セラピストが嫌がる行為
  • 泥酔者/薬物使用者/同業者/暴力団関係者、またはそれに付随する方のご利用
  • 各種カメラ機器による撮影または盗撮・盗聴などの行為
上記に該当するお客様は、当店での施術は控えさせて頂きます。 また当店がふさわしくないと判断した場合は即刻サービスを中止させて頂きます。 その際の返金は致しませんので、予めご了承下さい。
pagetop