五十肩(ごじゅうかた)

40代、50代といった中年以降に起こりやすい、目に見える明らかな原因がない肩の痛みのことです。

年齢を重ねたり、肩を酷使したりすることで肩関節周辺に炎症や損傷が起こり、痛みが起きると考えられます。
多くは1年前後で自然に回復します。
ただし、完全に治癒する人もいる一方で、なんらかの痛みや動かしづらさが残る人も多い疾患です。

最初は肩関節の痛みから始まります。
発症から約2週間の急性期は、安静時、特に夜間に痛みが強くなることがあります。
だんだん肩を動かす際の痛みが強くなり、動かすことのできる範囲がせまくなります。
これを可動域制限と呼びます。

約6か月間の慢性期には痛みが軽減していきますが、可動域制限は残ります。
そのあと、回復期に入ると可動域もしだいに広がって治癒します。

医師の診断では、年齢が中年以降であり、発症の誘引となるきっかけがなく、肩の痛みと可動域制限があり、さらにX線検査でも特別な異常所見がみられないとき、五十肩とされます。
五十肩は、腕を上げきる最後の時点で痛みが起きやすいのが特徴です。
腕を上げていく途中で痛みが起きる場合は別の疾患も考えられます。

五十肩の治療は、時期によって方法が異なります。
痛みが強い急性期は、消炎鎮痛剤やステロイドの薬物療法が行われます。
積極的なリハビリはせずに安静が必要となります。
慢性期に入り痛みが軽減されてきたら、病院や自宅で運動療法を行います。
アイロンを持ち上げたり、棒を使って逆の腕で動きを助けたりして、積極的に肩関節を動かすことが大切です。

五十肩に役立つ回復体操

五十肩に悩んでいる方は、回復につながる体操もおすすめです。
ただし、下記のような症状がある場合は、急性期だと考えられ肩を安静にする必要があるため、体操を行わず整形外科を受診しましょう。

・肩を動かしていないのに痛む
・肩に熱感がある

体操を行う際は、呼吸を止めずにゆっくりした動作で、気持ち良いと感じる程度の痛さに加減して行いましょう。
それぞれの体操は10~20回を1セットとし、1日3セットを目安で行っていきます。

腕を上げやすくする体操①

仰向けに寝て両ひざを揃えて立て、両腕を体の真横に広げます。
真横まで腕が上がらない場合には上がる角度で結構です。
頭と肩は動かさず、両ひざを揃えたまま症状のない側に倒していきます。

その状態を3秒間保ったら、元に戻します。
ひざを倒す際、両ひざが離れないように注意しましょう。

腕を上げやすくする体操②

安定したテーブルを使って行っていきます。
テーブルに対し、症状の無い方をテーブル側にし、横向きに立ちます。
症状の無い側の足のつま先をテーブルへ向け、上半身をひねる形で、両手をテーブルに置きます。
その体勢から、両手の平でテーブルを押しながら、足の位置を動かさず、お尻を後ろに引いていきます。
この状態を3秒間保ち、元に戻します。
背中や腰を丸めずにお尻を引くのがポイントです。


一覧ページに戻る

禁止・注意事項

  • 当店は風俗店では御座いません。
  • セラピストへのタッチ、暴言や脅迫、その他セラピストが嫌がる行為
  • 泥酔者/薬物使用者/同業者/暴力団関係者、またはそれに付随する方のご利用
  • 各種カメラ機器による撮影または盗撮・盗聴などの行為
上記に該当するお客様は、当店での施術は控えさせて頂きます。 また当店がふさわしくないと判断した場合は即刻サービスを中止させて頂きます。 その際の返金は致しませんので、予めご了承下さい。
pagetop