IPL(アイ・ピー・エル)

Intense Pulsed Lightの略。レーザーよりも弱い、カメラのフラッシュのような光を照射することで、肌のハリや弾力、肌のくすみや薄いシミをケアする。脱毛目的で使用されるケースもあります。

このIPLを使った施術を「フォトフェイシャル」と呼ぶ。現在ではどちらも一般的な美容用語として使われているが、本来は特定の企業が所有する商標名。

光治療には、複数の波長が含まれており、異なる症状に働きかけるため、シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ跡・赤み・ハリ感等を同時に改善することができます。

レーザーのようにシミだけ、ホクロだけといった局所的な照射ではなく、顔全体にフラッシュを浴びせるように照射していきます。

もともとは白人の肌向けに開発されたIPLですが、近年では日本人の肌のために開発されたマシンも数多く登場しています(ライムライト等)。
レーザーでは除去が困難な「薄いシミ」にも効果を発揮し、顔全体のトーンを明るくしつつ、肌質も改善するのが光(IPL)治療の特長です。

この光治療器は日本人向けに開発されたものです。お顔全体に照射して様々な効果を発揮させる治療器で、レーザーとは異なります。
皮膚表面から真皮にかけてフラッシュランプから照射される熱はいきわたります。

シミの原因となるメラニンの排出をこの熱により促し、皮膚の再生を早めます。
特にシミやそばかすはメラニンが原因ですが、血管の増加が原因である毛細血管拡張症や赤ら顔、
キメの改善など様々な効果が期待できる治療が可能となったのです。

フォトフェイシャルが光治療器としては有名です。

より効果的な治療が出来るライムライトはフォトフェイシャル比べて優れているというメリットがあります。

白人向けに開発された機器のため、フォトフェイシャルは日本人の場合メラニンが比較的多いがために、強く照射を行うことで赤みが強く生じてしまったり、
痛みが出てしまうといったデメリットが挙げられました。ライムライトに関して言えば日本人向けに開発当初から作成されていた為、十分な効果と安全性がメラニン量が多い方でも両立されたのです。

フォトフェイシャルとは医療機器メーカーであるルミナス社で製造されているフラッシュ機器を用いたフェイシャル治療のことです。
よく「IPL=フォトフェイシャル」や「フラッシュ(光)ケア=フォトフェイシャル」のように思われていることがありますがこれは間違いです。

IPLやフラッシュは約500nm~1200nmの複合的な波長を使用した光治療を指します。
これに対してフォトフェイシャルはルミナス社が定めている治療方法の一つであり、その施術を許されているのは医療機関のみです。

つまりフォトフェイシャルはエステやサロンで受けられるものではなくシミや色素沈着、シワたるみなどのお肌の悩みを改善する医療行為だということです。
フラッシュに高周波をプラスした「フォトRF」も医療行為に当たります。

フォトフェイシャルではヘッドを切り替えることで症状にあった波長のフラッシュ照射が可能です。
例えば黒いシミではなく赤ら顔を治したい方にシミ用の短い波長の光は必要ありません。

切り替えにより適切な光を当てることでその効果を高めます。

ちなみにヘッドというのは掃除機で言うヘッドと同じです。
掃除機でフローリング用、カーペット用、隙間用と切り替えができるようにフォトフェイシャルでも波長を変化させるためのヘッド3つ用意されています。

IPL(アイ・ピー・エル)を試したい方は川崎のメンズエステ、スイートルームアロマにお越下さいませ。


一覧ページに戻る

禁止・注意事項

  • 当店は風俗店では御座いません。
  • セラピストへのタッチ、暴言や脅迫、その他セラピストが嫌がる行為
  • 泥酔者/薬物使用者/同業者/暴力団関係者、またはそれに付随する方のご利用
  • 各種カメラ機器による撮影または盗撮・盗聴などの行為
上記に該当するお客様は、当店での施術は控えさせて頂きます。 また当店がふさわしくないと判断した場合は即刻サービスを中止させて頂きます。 その際の返金は致しませんので、予めご了承下さい。
pagetop