リラックス

心身ともにゆったりとして、開放的になることをいいます。

私たちが生活しているなかで、だれしも必ず感じるのがストレスです。

ストレスには、プレッシャーや人間関係から起きる精神的ストレス、暑い、寒いなど環境の変化によって起きるもの、暴飲暴食や体調不良など肉体的なものなどさまざまな要因があります。

もちろん、適度なストレスは、心拍数が上がるため、ポジティブで明るい気持ちにしてくれたり、緊張感を持つことですばらしい結果を出したりすることができることも多く、良い側面も持ちます。

しかし、このストレスがたまりすぎると、私たちの心や体の状態を大きく左右する自律神経のバランスが崩れてしまいます。
これは、交感神経と副交感神経の2つから成り立ちます。

昼間活発に活動している状態のときは交感神経が優位ですが、就寝時間が近づくにつれて体がリラックスモードになってくると、優位になるのが副交感神経です。

リラックスとは、この副交感神経が優位であることを指し、心も体も緊張から解き放たれる状態をいいます。

いつも神経の緊張状態が続くと、そのうち心身ともに悲鳴を上げ、やる気が起きなくなったり病にかかったりするなど、健康状態に影響を及ぼしてしまいます。

毎日を健康に生きていくためにこそ、リラックスすることはとても重要であり、不可欠なことなのです。

リラックスの方法には、エステサロンでのマッサージや岩盤浴、温泉などがあるほか、スポーツや音楽を聞くことで気分をリフレッシュすることも有効で、心と体の緊張をほぐすことで心拍数を穏やかにし心地よいと感じることが明日への活力へとつながります。

ストレスをためない習慣3つの対策

1:趣味の時間をなるべく早めに確保しておきましょう

今、自分が抱えている、携わっている仕事や案件を効率よく終わらせて、自分の趣味や好きなことに使う時間を必ず持つような生活スタイルを築きましょう。それはどんな趣味でも構いません。バスケットボールをすることでも、歌を歌うことでも。スケジュールを事前に確保しておくように。自分の好きなことをやることが、ストレスを解消するのに一番効果的なのです。

2:「助けを求める」という選択肢を当たり前にしておきましょう。

社会的な存在をしているの事に関して人間は極めているといってよいでしょう。生き残るため、お互い協力しあって生活しています。何か問題のある時は、一人で悩まず助けを乞うように。そうするだけで、あなたの日常は変わるかもしれません。

3:事前準備の時間までスケジュールに入れておきましょう。

スマホをついつい見てしまったり、上司に仕事を妨害されたり。私たちの生活の中で気が散ってしまうことは多くあります。それによってイライラすることも。

この問題に対処するには、仕事が始まる前に少し時間を取ることが大事。たとえば、スマホの電源を切って他の部屋に置いておくとか、SNSの通知をオフにするとか。

事前の準備をすることで、ストレスを減らし仕事にとりかかることができるのです!


一覧ページに戻る

禁止・注意事項

  • 当店は風俗店では御座いません。
  • セラピストへのタッチ、暴言や脅迫、その他セラピストが嫌がる行為
  • 泥酔者/薬物使用者/同業者/暴力団関係者、またはそれに付随する方のご利用
  • 各種カメラ機器による撮影または盗撮・盗聴などの行為
上記に該当するお客様は、当店での施術は控えさせて頂きます。 また当店がふさわしくないと判断した場合は即刻サービスを中止させて頂きます。 その際の返金は致しませんので、予めご了承下さい。
pagetop